大享印刷

  • 情報セキュリティ基本方針
  • お問い合わせ

06-6961-8831

サービス

雑誌・パンフレット・DMなど、形の大きさが多様化している印刷物を大量にしかも高品質・スピーディーに印刷することが求められていることから、国内でも数少ない特殊な印刷機で、18通りの折り加工やインラインでのり付けができる、A2横輪転印刷機HEIDELBERG WEB-8の4色機と5色機を導入し、24時間年中無休でフル稼動しています。
また、紙保管庫を備え、特殊紙などをストックし、万全の体制を整えています。

高度な自動化と高い生産性を枚葉機を、24時間365日でフル稼動しています。最小用紙540×360mmから、最大用紙1020×710mmまで、高品質・スピーディーさが求められる雑誌・パンフレット・DMなど、形の大きさが多様化している印刷物に対応しています。
また、お客様の商品ストックをお預りする倉庫を完備しております。

刷版部門

デジタル化が進んでも最後には人が全てをコントロールすることを忘れていません。
革命は時として大きな問題を起こしますが、基本を忘れたときにそれは発生します。大享印刷は基本を最も大切にします。

CTP

近年、当社がもっとも力を注いでいるのは、デジタルデータからフィルム出力という中間工程を省き、そのまま直接刷版(PS版)に焼き付けるCTP(Computer To Plate)部門です。
CTP導入より、品質の向上、納期の短縮、環境負荷軽減等が計られ、お客様にも大変ご好評をいただいております。

製本・加工部門

製造最終工程の加工部門には、多くのベテランオペレーターを配属して、その技術と培われた経験で加工以前の問題も見逃さず瑕疵問題の軽減にも好結果を出しています。

製本・加工

18通りの折り加工や、インラインでのり付けができるHEIDELBERG WEB-8の導入により、主に、縦長に特徴のあるサイズの文庫本サイズ・ポケットサイズ・パスポートサイズなどがインラインで可能であり、後工程に於いても、中綴機を従来の内容に加え、パスポートサイズに対応できるように改造し、多品種の加工を可能にしました。また、丁合4鞍が1ライン、6鞍が1ラインの中綴機においては、毎時10、000冊(3方断裁のドブ断ち2丁出し製本も可能)の製本が可能でスケジュールの短縮化に大きく発揮します。
その他の加工部門も断裁から折りまで、24時間365日フル稼動しています。

PICK UP

  • 超薄紙印刷
  • エコ綴じ印刷
  • Q&A
  • 大阪事業所OSAKA
    大阪市鶴見区今津北4丁目13番33号
    TEL.06-6961-8831(代)
    FAX.06-6968-1101
  • 東京営業所TOKYO
    東京都新宿区中里町29-3 菱秀神楽坂ビル5F
    TEL.03-3235-0195(代)
    FAX.03-3235-0196
  • 多気工場(三重県)TAKI
    三重県多気郡多気町野中1408
    TEL.0598-39-3080(代)
    FAX.0598-39-3999